残りご飯のおむすび

ご飯が残った時には、おむすびにしておくと、おやつが夜食にもなって便利です。

 

完全に冷め切らないうちににぎっておくと、あとで焼いたり、揚げたりするだけで、おいしく食べることができます。くずれにくくするためには、この上にノリ、キョウナ、ハクサイの塩漬けなどの菜類や、とろろコンブなどで包んでおきます。冷えきってしまったご飯では、にぎりにくいばかりでなく、手水が蒸発しないために、水分の多いおむすびになってしまいます。

 

そんなときには一度ご飯を蒸らしてからにぎるか、いためて味をつけてからにぎるようにするといいです。

 

いためるときは、ハムやソーセージ、野菜などを刻んでチャーハンにしたり、ドライカレー風にいためてにぎっておけば、冷めても美味しく食べれます。